学類紹介

現在地

» 日本語・日本文化学類

日本語・日本文化学類

教育目標

日本語・日本文化学類は、日本語及び日本文化の良き伝達者となるにふさわしい知識と創造力を兼ね備えた日本語教育者の養成を目的として創設されました。日本語は日本文化を作り、日本文化は日本語を育む。このことを根本に置いて日本語のみならず広く世界の言語のこと、また、日本文化や国際教育のことなどをバランスよく学び研究した人を世に送り出すよう努めています。

学生諸君は1年次から自分の目標を立て、それに沿って日本語分野と文化分野の授業を履修していきます。日本語と日本文化の双方を重視する立場から、現代日本語や日本語史、言語学、また日本語教育などに関する日本語分野の科目と、日本の歴史、地理、文学、民俗、異文化問交流などに関する文化分野の科目とをバランスよくとるようにカリキュラムが組まれています。そして、3年次の秋に自分の研究テーマを決め、卒業論文に取り組むことになります。

卒業後は金融、情報関係、サービス業など民間会社に就職する人、国語教師・社会科教師や公務員になる人などいろいろです。日本語教師を目指す人の場合、多くは大学院に進みさらに勉学を続けます。また、日本語や歴史、国際教育、国際事情などの研究を目指して大学院に進む人もいます。

日本語・日本文化学類のウェブサイトへ